[SAc WEB]SAcが運営するスマート農業情報サイト [SAc WEB]SAcが運営するスマート農業情報サイト

ログインログイン

株式会社スカイマティクスが葉色解析サービス「いろは」にブロッコリー花蕾解析機能を新たに実装

法人会員・株式会社スカイマティクスは、葉色解析サービス「いろは」に、2021年5月26日よりブロッコリーを対象とした解析機能を新たにリリースしました。

 

生育が進み過ぎると商品価値が下がってしまうブロッコリーの生産において、収穫適期を見極めることは非常に重要な要素となっています。

ブロッコリーの生産現場では、農地を歩きながら花蕾の生育を確認して収穫のタイミングを判断するため、体力的な負担が大きいことが課題となっていました。

生産者の方が収穫適期の見極めを正確に、効率的に行うことができる新たな追加機能として、この度「いろは」にドローン画像とAI解析技術による「ブロッコリー花蕾診断」が実装されました。

 

 


 

ブロッコリーの生育診断

 

「いろは」に新しく実装された「ブロッコリー生育診断」では、AIが画像内の花蕾を認識し、サイズ別に集計を行います。集計結果を確認することで、撮影時点の農地において、どの規格のブロッコリーが何%存在するのかを把握することができます。

株式会社スカイマティクスでは、2019年よりドローン画像を用いたブロッコリーの花蕾抽出技術、花蕾のサイズ判定技術の開発に取り組んでおり、これまでに収集されたブロッコリー画像データは数万点にのぼります。

 

 

10〜15cm程度の大きさの「花蕾」をAIが抽出し、サイズの計測までを一貫して行います。ドローンで農地の画像を撮影し「いろは」にアップロードするだけで、数時間で花蕾サイズの分布データがお手元に届く仕組みとなっています。

今後ブロッコリーの生産現場では、一斉収穫を前提とした機械収穫体系の導入が進んでいくと言われており、収穫適期の判断がより一層重要となると考えられています。株式会社スカイマティクスでは、ドローン×画像解析技術により、今後も生産者の収穫適期の判断の支援を継続される予定です。

 

 

いろはトライアルキャンペーン

株式会社スカイマティクスでは、気軽に「いろは」をお試しできるトライアルキャンペーンを実施しています。

1,000円/月の従量課金プランへの申し込みで、初回の解析と代行撮影を無料で受けることができます。

ドローンを活用した圃場の空撮や、画像解析技術にご興味をお持ちの方は、是非この機会に「いろは」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

詳しくは、株式会社スカイマティクスHP をご覧ください。

 

 

● 過去に【農トレ】で「いろは」をご紹介しています!こちらも合わせてご覧ください。

ドローン画像を「価値ある情報」に変える圃場管理サービス『いろは』とは?