[SAc WEB]SAcが運営するスマート農業情報サイト [SAc WEB]SAcが運営するスマート農業情報サイト

スマートな農薬散布や施肥の管理を実現するスマート農業ソフトウェア・サービス提供に向け、ヤマハ発動機株式会社が関連企業3社と協業を開始

SAc・法人会員であるヤマハ発動機株式会社(以下、ヤマハ発動機)では、農業用マルチローター(通称ドローン)「YMR-08」や産業用無人ヘリコプター(以下、無人ヘリ)による農薬散布・施肥作業のデータ管理や運行管理を、スマートフォンやパソコン端末で簡単に行えるソフトウェア・サービス「Yamaha Motor Smart Agriculture Platform(以下、YSAP)」の提供開始に向けて、観測・解析などのエキスパート企業3社と協業を開始されました。

 


 

開発コンセプトと協業体制

 

YSAPは、「新しい農業スタイルを空から創る。もう一歩先の散布サービス展開」をコンセプトとして、SAc・事務局である株式会社サングリン太陽園(以下、サングリン太陽園)と共同で企画・開発されたサービスです。防除・追肥作業計画の管理、作業履歴や作業中の機体の飛行位置情報などを、操作性に優れた画面で簡単に管理できます。このサービスは、YMR-08や産業用無人ヘリなどとともに使用することで、高効率・高精度な防除・追肥作業や散布作業のデータを管理し、散布作業の価値や効率を高めることが狙いとされています。

この実験開始にあたりヤマハ発動機では、農作物の育成解析、圃場の土壌解析、最適な施肥計画づくり、農薬散布作業の負荷低減といった分野での当サービスの利用価値を高めるために、衛星画像解析による営農の生産性向上サービス「天晴れ(あっぱれ)」を提供する国際航業株式会社、可変追肥システムの運用に不可欠なレーザー式育成センサー「Crop Spec」を提供する株式会社トプコン、一連の農作業の工程データを一元管理できる農業支援システム「agri-note(アグリノート)」を提供するウォーターセル株式会社との協業を開始されます。

「Yamaha Motor Smart Agriculture Platform(YSAP)」のサービス全体イメージ

 

 


 

市場背景と製品の概要

 

1990年に50代だった日本の農業就業者の平均年齢は現在66才を超え、農業就業人口は同期間で480万人から200万人前後まで減少し、現在の日本の農業では作業の省力化・効率化が強く求められています。
こうした社会課題に対し、エンジン駆動で飛行距離やペイロードの大きい産業用無人ヘリ、軽量で機動力に長けながら無人ヘリに匹敵する高い散布品質を実現するドローン、さらに水田で遠隔操作可能な除草剤散布用無人ボートといったUMS(Unmanned System:無人システム)に加えて、果樹栽培などの自動化を支援する農業用UGV(Unmanned Grand Vehicle:無人地上車)など、幅広い無人製品群を有するヤマハ発動機は、製品の機能を高める企業と連携を図りながら、スマート農業分野での知見獲得を加速させ、先進農業発展への貢献を目指しています。このたびのYSAPの実証実験の開始は、こうした取り組みの一環であり、産業用無人ヘリやドローンの付加価値を高め、散布作業の効率化・高精度化を目的とされています。

 


 

YSAPでできること

 

●簡単な操作による散布作業の計画・管理

散布管理者は、ヤマハ発動機とサングリン太陽園の長年の散布に関する知見に基づいて構築されたシステムで、散布日程、オペレーター、散布機材などの管理を、アプリケーション上で簡単に行えます。また策定した計画は携帯端末上に表示されるので、散布作業者は効率よく散布作業を行うことができます。

 

●画像解析・圃場観測と併用した散布・施肥を同時に行い、農作業を効率化

YSAPは、画像の解析や圃場の観測を通じて、生育状態などを簡単にデータ化・可視化できるので、生産者はデータに基づく適切な施肥設計・施肥作業や圃場の確認頻度の低減をすることができます。

 

●高効率・高精度の散布・施肥により、収穫量アップ・生産コスト削減

作物の育成状況などの圃場管理をデータにもとづいて適切に行うことができるので、生産者は圃場の状況に合った散布・施肥(追肥)を行い、収穫量の向上を期待することができます。また最適な量の追肥は、肥料代の節約にもつながります。

 

このスマート農業分野への取り組みは、より付加価値の高い農業経営や農業分野の省人化/自動化へのニーズの高まりに応えることが期待されています。