[SAc WEB]SAcが運営するスマート農業情報サイト [SAc WEB]SAcが運営するスマート農業情報サイト

ログインログイン

Facebook

サイト内検索

DPAが行政書士法人と連携
ドローンの飛行許可申請を特別価格で提供

協力会員の一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)は4月25日、ドローンの許認可申請と法務顧問を専門とするバウンダリ行政書士法人との提携を発表しました。

2022年12月には国家ライセンス制度が開始されるなど、昨今急速に需要が高まっているドローン。このたびの連携によって、DPA認定資格である「ドローン操縦士回転翼3級」の所有者は、飛行申請などの代行サービスを特別価格で受けられるようになります。

 

特典内容
バウンダリ行政書士法人が代行する[飛行許可申請]の費用を10%特別割引
【対象】DPA認定「ドローン操縦士回転翼3級」取得者のうち、DPA技能会員に加入している方
【サービス開始】2023年7月上旬を予定

詳細は、DPA公式ホームページをご確認ください。

 

 

SAcとDPAは相互連携の構築を進めています。
●ドローン操縦士協会との相互連携について

関連記事:

  1. 【会員限定記事】「マルチローターシェアリングサービス」の実証プロジェクト
  2. 【農トレ】農水省が『スマート農業推進総合パッケージ』を公表
  3. 【スマトーク】研究余話(2)
  4. 農業用無人車「R150」のデモ走行承ります
-->