[SAc WEB]SAcが運営するスマート農業情報サイト [SAc WEB]SAcが運営するスマート農業情報サイト

ログインログイン

Facebook

サイト内検索

農林水産省が病害虫発生予報第6号を発表

農林水産省が8月10日に「令和4年度病害虫発生予報第6号」を発表しました。
今後1ヶ月間の主な予報は次のとおりで、病害虫に注意を呼びかけています。

 

【水稲】
斑点米カメムシ類の発生が、北海道、東北、北陸、東海、近畿、中国及び四国の一部の地域で多くなると予想されています。

【野菜】
オオタバコガの発生が、関東、東海、北陸、近畿、中国、四国及び九州の一部の地域で多くなると予想されています。

【果樹】
果樹カメムシ類の発生が、南東北、関東、東海、近畿、中国、四国及び北九州の一部の地域で多くなると予想されています。

 

本共同体の拠点となっている北海道では、上記のとおり水稲で斑点米カメムシ類が多くなるとみられているほか、いもち病も「やや多く」発生すると予想されています。また、アブラナ科の野菜・花きではコナガの発生が「やや多い」とされています。

 

詳しくは農林水産省のホームページをご確認ください。
●公表はこちら>>>病害虫発生予察情報

関連記事:

  1. 【農トレ】北海道農業・農村の概要(令和4年8月)
  2. 農水省が実施したスマート農業に関するアンケートの結果が公表されました
  3. 北海道が令和5年度予算の概要を公表
  4. 夏休みに食や農林水産業について学べる農林水産省の「マフ塾」
-->