[SAc WEB]SAcが運営するスマート農業情報サイト [SAc WEB]SAcが運営するスマート農業情報サイト

ログインログイン

Facebook

サイト内検索

農林水産省の農薬危害防止運動がスタート

農林水産省の「農薬危害防止運動」が本日(6月1日)より始まりました。
毎年、農薬の使用機会が増える時期にあわせて行われるこの運動では、6月から8月までの3ヶ月にかけて農薬による事故や被害を防止するため、農薬のドリフト防止などについて指導が実施されます。

 

<今年度の主な実施事項>
1) 農薬及びその取扱いに関する正しい知識の普及啓発
2) 農薬による事故を防止するための指導
3) 農薬の適正使用等についての指導
4) 農薬の適正販売についての指導
5) 有用生物や水質への影響低減のための関係者の連携

 

<重点指導項目>
以下の項目については、近年継続して農薬の使用に伴う事故・被害等が発生していることから、重点的に指導すると発表されています。
1) 農薬ラベルによる使用基準の確認と使用履歴の記帳の徹底
2) 土壌くん蒸剤を使用した後の適切な管理の徹底
3) 住宅地等で農薬を使用する際の周辺への配慮及び飛散防止対策の徹底
4) 誤飲を防ぐため、施錠された場所に保管するなど、保管管理の徹底

 

具体的な留意事項などの詳細は、農林水産省のホームページよりご確認いただけます。

●該当ページはこちら>>>農林水産省「令和4年度農薬危害防止運動」の実施について

関連記事:

  1. 【農トレ】北海道農業・農村の概要(令和4年8月)
  2. 農水省が実施したスマート農業に関するアンケートの結果が公表されました
  3. 北海道が令和5年度予算の概要を公表
  4. 夏休みに食や農林水産業について学べる農林水産省の「マフ塾」
-->